スポンサーサイト

2017.02.26 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    タツコン2016 作品解説

    2016.11.26 Saturday

    0

       

       

      タツコン2016 はじまりました

       

      遠方のため会場に向かうことが難しいため今回もこのブログで作品の補足をさせていただきます。

       

       

       

       

       

       

      癸隠娃后^嘉 康裕   タイトル「退魔」

       

       

       

      今年のテーマが「時」というわけで

       

      タイトルの 退魔 →  たいま →  タイマー →  timer   です。

       

      まさかの駄洒落ですが今回は本当にタツコンのテーマと向き合うことができませんでした。

       

      製作にあたっての気持ちなどはちょっと長いし、重たくなるので

       

      先に外観だけ説明しておきます。興味がある方だけ読んでください

       

       

       

      タイトルの「退魔」はそのまま「悪しきものを退けてほしい」という思いでつけました

       

      怖い悪魔に負けないようこちらも目一杯怖くしました。

       

      ヤクザ猫です。

       

       

      紋様は『鯉金』に倣って『鰹節猫』です。サーフボードではありません

      猫まっしぐらです。

       

       

      このように胴体がぱかっと割れて中でお香が焚けます

       

       

      すると口から煙を吐き出します

       

       

       

      もわーん

       

       

       

      別アングルから

       

       

      いつもの猫香炉とは顔も違いますがキセルの持ち方も変えています。

       

       

      お香には空気を清めたり結界を張るなどの意味もあると聞き

       

      邪悪なものを振り祓って欲しいという願いを込めて制作しました。

       

       

      今回の作品意図ですが「時」というテーマにはあてはまらないと思います

       

      こじつけみたいのはできますが、薄っぺらい説明なら無い方がいいと思うのでやりません

       

      ただこの子を作った時の事を説明します。

       

      少し重いし個人的すぎるので興味のある方だけ読んでください。

       

       

       

       

       

       

      例年なら9月頃にアイディアが降りてきて

       

      あれこれとこねくりまわして完成するのですが今年はまったく降りてこなかったです。

       

       

      こーゆうのを作ろうと思ってからデザインを決める普段の器の製作と違って

       

      タツコンは「テーマ」というとても抽象的な概念を渡されるので

      前者が1を100にしていくとしたら

      後者は0から1を生み出してさらに100を目指していくような感覚です

       

       

      僕のやり方として

       

      いちど心の中をそれで一杯にして

       

      好き勝手に体の隅々まで暴れまわった後で

       

      ぎゅっと凝縮させて ぽろんと放り落とすようなイメージで作ります。

       

      「分身」とか「身を削る」とか

       

      自由に作るって好き勝手なイメージだけど

       

      確実に寿命をすり減らしているような精神的疲労があります

       

      誰にも頼まれていないのに

       

       

      というようなことを毎回しているのですが

       

      今回は他の事ですでに心がいっぱいになってしまって

      とてもタツコンの入る余地がありませんでした。

       

      先日僕の友人が突然倒れました

       

      正確には友達の上司なのですが

       

      近所で一緒にお酒をのんだり

       

      先月の個展のオープニングパーティにも来てくれて

       

      いろいろ良くしてくれるアニキ的な方です

       

      詳しくは書きませんが

       

      いまは一命をとりとめ意識も少しずつ回復に向かっていると聞いてます

       

       

      その少し前にもお世話になっている友達のお父さんが脳梗塞で半身マヒになり

      いまもリハビリ入院を続けています。

       

      家族でもない医者でもない自分にはその人たちの為にできることなんて何もなくて

       

      ただ、ただ、良くなってほしいと祈るばかりだけど

       

      他の事を考えられるほど割り切ることもできなくて

       

      いま作りたいと思えるものは彼らのためのなにか

       

      この病が悪魔の仕業だというのであれば追い払ってしまいたい

       

      みんな元気になってほしい

       

      そういう思いで今回の作品を作りました

       

       

       

       

       

      タツコン2016 今年も参加です!

      2016.11.22 Tuesday

      0

         

        毎年恒例のこのイベントがやってまいりました。

         

        タツコン2016 今年も参加いたします。

         

        日曜日に作品を発送しました。今年もなんとか間に合いました。

         

        今年のテーマは「時」です。

         

        例年なら9月頃にアイディアが降ってきて よーしこれ作ろうと準備を始めるのですが

         

        今年は個展の準備があり、ついつい後回しに。

         

        個展始まったら頭すっきりして、なにか思いつくだろうと のんびりしていたら

         

        あっという間に会期も終わって〆切2週間前になってました。

         

         

        やばい

         

         

        もう審査対象外とかになってもいいから、いま一番作りたいものを作ろう

         

        というわけでギリギリで仕上げた今回の作品ですが

         

        制作過程でなんとかテーマに沿えるような後付け設定ができました。

         

        26日からスタートですが

         

        ちょっと作品チラ見せ

         

         

        このブログでは初日に作品の全体写真と作品説明を公開したいと思います

         

        僕は会場に行くことは出来ないと思いますので

         

        なんだこれは。と興味を持ってくれた人の為に

         

        全体画像をアップすることについて、もったいぶった方がいいと言う意見もあるようですが

         

        立体制作なので見る角度で形は全然変わること、と

         

        実物を見たいと思わせる魅力がない作品は価値がないと思いますので

         

        僕は公開します。

         

         

         

        それと会期中は専用サイトにて作家情報をみることができるそうです。

         

        http://www.t2y.info/tatsucon

         

        癸隠娃 芦田康裕で僕のプロフィールが見れます。そしてこのブログに戻ってこれます。

         

        ぜひご確認おねがいします。

         

        ではでは、タツコン2016 11月26日からです。

         

         

         

         

        「掌のなかで」が終わりました

        2016.11.07 Monday

        0

           

          三年ぶりのmomomoでの個展「掌のなかで」

           

          無事に終わらせることができました。

           

          不思議な縁で、はじめは個展を8月頃に予定していたのですが制作時間がうまくとれず

           

          先延ばしにしてもらって最短で空いていたのが今回の10月19日から11月6日までの会期でした。

           

          その3年前のmomomoの個展が11月3日からのスタートでした。

           

          なのでほんとうにちょうど三年。

           

          次の個展はまた3年後になるのでしょうか。

           

          もう少し早くても。と思っていただければ嬉しいですが

           

          やっぱり3年掛かった展示だったなあと改めて思います

           

           

          初個展が終わってすぐ、昼の仕事の環境が変わり急に陶芸をする時間が無くなってしまいました。

           

          それまで毎月出店していた手創り市も作品の補充が難しくなり、だんだん出店の間隔が空き

           

          さいごには書類審査で落とされるぐらいまで落ちぶれました。

           

          陶芸辞めて昼の仕事に専念したほうが幸せに暮らせるんだろうなと何度も思いました。

           

          そんな時でもどこからか「つるしねこ」や「猫箸置き」を見て注文や企画展のお誘いがあったりして

           

          少量生産なら、と猫作家のような活動をしばらく続けてました。

           

           

          ちょうど猫ブームといわれるありがたい現象のおかげで

           

          僕はなんとか陶芸をする時間を捻出しなくてはならなくなり

           

          少しずつ陶芸家の顔を取り戻していくことができました。

           

          さらには

          今年に入ってから昼の職場のポジションも見習いからイッパシぐらいになり

          仕事を自分でコントロールできるようになりました。

           

          仕事を早く終わらせればその分作品を作る時間を捻出できる。

           

          あとはご飯と睡眠を忘れてしまえば一日はちゃんと24時間ある。

           

           

          ここまでこれたのは猫のおかげです。白亜器の猫を欲しいと言ってくれた人たちがいてくれたからです

           

          だから今度は器が欲しいといってくれた人たちに何かしたいと思いました。

           

          待っていてくれている、なんておこがましいけど

           

          手創り市でたまごカップを見つけて「お店で使いたい」と言ってくれたmomomoだから

           

          ただいま。が言いたくて今回の展示はどうしてもやりたかったのです。

           

          3年かかりました。

           

          上達したなと自分でも思うところもあるし

           

          あの頃ナチュラルに出せていたものがわざとらしくなったなと思うところもあります。

           

          でもこれがいまの自分でした。

           

          手に取ってご覧いただきありがとうございました。

           

           

          会期中はほんとうにたくさんの人においでいただきました。

           

          都合がつかず在廊できなかった時にお越しいただいた方々にもこの場でお礼を言わせてください。

           

          ありがとうございました。

           

          会期中に新たに注文くださった諸々も順番に取り掛かっていきますのでもう暫くお待ちください。

           

           

          最後に展示風景を何枚か載せておしまいとさせていただきたいと思います。

          本当にありがとうございました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          個展 掌のなかで 最終週です。

          2016.11.03 Thursday

          0

             

            高円寺 mo mo mo での個展「掌のなかで」も最後の週となりました。

             

            会場にいる間にブログの更新ができるかと思ってましたが

             

            フェイスブックやらなんやらの操作に慣れてしまうと

            スマートフォンからだとすごく不便を感じてしまい

            全然更新できませんでした。

             

            フェイスブックページの方は頻繁に更新しているので

            会期中はそちらをみていただければ助かります。

             

            ブログの更新は後で全部まとめてにします。

             

            https://www.facebook.com/tsurushineko/

            個展 「掌のなかで」 はじまります!

            2016.10.19 Wednesday

            0

              DSC_0942.JPG

               

              日付は変わりまして本日より個展「掌のなかで」スタートです。

               

              先ほど搬入と設営を済ませてきました。

               

              最近調子の悪かった たまご釉の調子も以前のように戻り

               

              白亜器らしい展示内容にできたと思います。

               

              今回は新しい色彩にも挑戦しました。

               

              ギャラリー店主からは秋っぽいね。とのお言葉をいただき

               

              季節感の漂うちょうどいい展示になっています。

               

              在廊予定ですが19日は14:00〜ラストまで。

                

                     20日は19:00〜ラストまで。居るつもりです。

               

                     22日は終日在廊します。

               

              また、22日(土)はオープニングパーティが19:00〜22:00まであります。

               

              カフェの営業が出来なくなるので貸し切りという体裁になりますが展示は見れますので是非遊びにきてください。

               

               

              お待ちしてます。

               

               

              会期中は在廊予定が決まり次第こちらでお知らせします